花冠

推しを推すことこそ我が人生

虹の橋

※最近あった辛かったことについてです。タイトルで分かる人なら分かるはず。
   死について書いているので苦手な方は引き返してください。


昨日、実家で飼っていた犬が亡くなりました。H15.6.20生まれの11才でした。

先日ちょっとだけ実家に顔見せに帰った時、元気にしっぽを振っていたのに、その二日後に熱をだしてお腹を壊していました。
年齢のこともあるので心配したけど、少々食べられなくても水飲めてたら大丈夫、すぐ元気になるだろうと思っていました。
念のため連れて行ったお医者さんにも大丈夫だといわれていたのに。
注射してもらうと少し良くなって、2日ほど家で様子を見ていましたが万一を考えて入院させることに。
この入院する前日にみた姿が最後の姿になってしまいました。

今朝、電話で犬が亡くなったことを知って、いろんな思い出が頭をよぎって、そのたびに泣けて泣けて、堪らない気持ちになります。

母は苦しまずに逝ったと言ってくれましたが、本当にそうだったのかな、実は隠してたんじゃないの?とか、もっと構ってやればよかったとか、看取ってやれなかった不甲斐なさとか。

うちの犬との出来事が、家に迎えたその日から鮮明に思い出されて、正直辛くて辛くてたまりません。

ただ一言だけ言えるのは、私が今生きていて、進もうとする道を示してくれたのは他のだれでもない貴方だよってことです。

辛いとき寄り添ってくれてありがとう。
来たばっかりのころ、よく近所の大学とか神社にお散歩行ったね。
オスなのに耳が天パでウエーブかかってて、リボンとかつけてたからよくメスに間違えられたね。
私も弟も、だんだん学校とか部活で忙しくて構う時間は減ったけど、家に帰ったら鳴いてお迎えしてくれたね。
うるさい!ってよく怒ったけどあんたは全然気にしてなかった。
ぽっちゃりしてて、獣医さんには減量しろって言われてたけど、ダイエットは全然成功しなかったね。
ヘルニアになったらどうしようって心配したけど、結局ならなくてよかった。
本当はあんまりよくないけど牛乳とおみかん大好きやったね。
どんなに具合悪くても牛乳とみかんには反応するあんたがぐったりしてて、その時もっと真剣に考えとけばよかったんかなぁ?
私がおったら休むに休まれんやろうと思って退院待たずに下宿先に帰ったの、後悔してる。
元気なときの写真も、あんたはあんまし撮らせてくれんかった。
手帳に挟んでる若い時の写真、今でもいろんな人に見せてるで。
みんなかわいいねって言ってくれるし、私も世界で一番だと思ってる。
いろんなご縁が重なって、うちに来てくれてありがとう。
天国のパパやYちゃんやおじいちゃんには会えたかな?
あんたの序列はおばあちゃんがダントツ一位だろうから、私が死ぬまで虹の橋の下で待っててくれないだろうけど、もしわたしが死んだらまた会ってくれるかな?
それともまたうちの家に来てくれたりするのかな?
夢でいいから会いたい。
夜更かし大好きやし、万年不眠症やけど気が向いたら遊びにおいで。
あんたの体温、呼吸の音、毛並み、鳴き声、全部忘れる日が来るんかなぁ?
もう一回会いたい。抱っこでもなんでもするから。
肝心なときにダメな飼い主でごめんな。
でもきっともう分かってたよな。
ごめんもありがとうも、何回言っても足りることはないと思うよ。

10年前の春に前の飼い主さんのところからうちに来て、桜が満開の春にお別れになっちゃった。
さようなら、マロン。今までありがとう。
また会おう。
それまで精一杯がんばるね。
たまに励ましにきてね、ずっと待ってるからね。

お姉ちゃんより